故障も減る!お尻とハムストリングスで走るコツ

hip in running

暑い夏がやってきましたね。筆者のお腹ももれなく、厚い季節です。早く、ハイペースで走ることができるように回復したいです。

ランニングフォームのお話なのですが、走っていないと意識しようもできません。

ただ最近、ウォーキングをしていると「臀筋」と「ハムストリングス」を使った走りができるかどうかは、日頃できていないランナーの方こそ、意識して練習したほうが故障も減りやすいはずです。

お尻やハムストリングスをうまく使うにはどうすればいいでしょうか?

 

◆大腿四頭筋よりハムストリングスを使った走りがいい理由

実は筆者が「ハムストリングスで走る」というフォームを身に着けていなかったんです。どちらかといえば、地面の反発を無理やり使う走り方なので、大腿四頭筋が肥大化しています。

ただ、やはり大きな筋肉は使えば使うほど疲労感が大きくなります。

つなり、フルマラソンでは、大腿四頭筋を使った走りだとすぐに失速してしまうことになります。

いわゆる「30kmの壁」・「35kmの壁」で“足の売り切れ”を経験しているランナーは、多くが大腿四頭筋が重くなっているはずです。

もし、ハムストリングスをうまく使った走りができていれば、大腿四頭筋に乳酸が溜まりやすくなるのを、後半にスライドさせることができるはずです。

 

◆着地衝撃も吸収!お尻を使った走りとは何か

「あのランナーは“お尻”をうまく使えている」とよく言いますが、筆者は女性のお尻しか見ないのでよく分かりません。

もちろん半分冗談ですが、お尻を使えるかどうかは大事です。女性のお尻を凝視するより大事なことです。

着地衝撃は前述の通り、大腿四頭筋で受け止めてしまいがちですが、これだと大きな筋肉ばかりに乳酸が溜まりがちなので、マラソン後半で脚が動かなくなりがちです。

また、着地衝撃を大きく受けるということは、膝から膝下の部分の故障の影響が強まるということでもありますよね。

お尻をうまく使うかどうかは、ハムストリングスで着地衝撃をうまく吸収しつつ、“ランニング行為の捻転運動”でいかに腰が入っているかどうかが重要です。

腰がうまく入れば、反対の脚の着地ポイントが体の真下になりやすいフォームになるので、“無駄な蹴り出し”が減ることになります。

似たようなことは過去記事にも多く書いていますが、実は「お尻」って大事ですよね。

  • 腕振りの反動(腕は振らない。振り子運動)で腰が自然に入る
  • 降り出した脚の着地は体の真下
  • 臀部からハムストリングスで着地衝撃を吸収するように意識
  • 最初はジョギングペースで意識してみる
  • きちんと骨盤を立てる

夏は「走り込み」に大事な季節。

秋のレースだけじゃなく、冬のレースへも影響しやすいです。

筆者も毎日のように走る日がくるよう、まずは体調を整えたいところです。

 

まとめ

ハムストリングスとお尻で着地衝撃を減らすことができると、膝痛や腰痛、また足底筋膜炎やシンスプリントの影響も減りやすくなります。

マラソンのパフォーマンスはもちろんですが、年中、健康的に走ることができるように、「お尻とハムストリングス」を使った走りを意識して、この夏はガッツリ走り込んでくださいね。

 

【画像出典】

http://www.active.com

hip in running

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Runjoy!編集部です。 【編集長プロフィール】 愛媛県松山市にいる市民ランナー。大阪生まれで東京でメディアマンとしても活躍。 フルマラソンは未だサブスリーしておらず。 【PB】 フルマラソン: 3時間3分 ハーフマラソン:1時間23分(非公式) 10km:36分29秒 5km:17分50秒(非公式) 「ランニングフォーム」や「健康」を第一に考えるランナーです。 楽しく走りつつ、マナーのよいランナーになるのが目標です!