服部勇馬と設楽悠太の走り方から見る「東京マラソン2017」

設楽悠太 服部勇馬

ウィルソン・キプサング・キプロティチ選手が2017年東京マラソンで“2時間3分58秒”で優勝。

国内での3分台のレースは、今回が初めてで「東京マラソン・新コース」の高速化がよく分かるレースになりましたよね。

そんな中、若手ランナーの服部勇馬選手と設楽悠太選手の「2017 東京マラソン」の走り方には、我々市民ランナーも見習いたい&考察したい部分が見られましたよね。

 

◆前半から果敢に14分台で走った設楽悠太選手

設楽悠太選手といえば、トラックの10000mはもちろん、駅伝の区間賞ハンターとしても有名。

「最低でも(2時間)8分台」と強い眼差しで語っていた設楽悠太選手は、レース序盤から果敢なLAPをきざみ、20kmまでは14分台のペース。

初マラソンということでの「挑戦」がまざまざと感じられる内容でしたが、最終的にサブテンでまとめたことが「強い選手」の証です。

実はこの設楽悠太選手の走り方、サブスリーランナーを狙う多くのランナーが刻みやすいポジティブスプリット。

無理はしていないつもりなのに、「30kmの壁」につぶされるのは、脚に乳酸が蓄積することで上半身のブレにより、脚へのダメージを残してしまうため。

酷い時には痙攣や、足裏のマメが出来てしまうことで、脳が「走るのを止めろ」と指示を体に送ることでより体が動かなくなるのが、ポジティブスプリットで陥りがちなレース内容でしょう。

 

◆2016年の反省を活かした服部勇馬選手の走り方

服部勇馬選手は、キロ3分のペースランナーにつく「日本歴代タイム更新狙い」のレース展開。

服部勇馬選手自身が発言したように、35kmまでは“レースの手応え”があったはずです。

ただ、服部勇馬選手は「35kmの壁」で苦しんだ様子がラップタイムからわかりますよね。

30kmまで抑えて、残りの12.195kmを上げる~キープまで持っていくことができれば、2時間6分台から7分台が出るのでしょう。

実はこれもサブスリー狙いから、サブ3.5狙い、あるいはサブフォー狙いの市民ランナーもあえぐ「35kmの壁」と全く一緒です。

筆者の場合は、5年前の大阪マラソンで「35km」までは快調なレース。ただその後は、落とさないようにキープするといったレースがありましたが、タイムよりかは「もっとやれた!」と思ってしまうのが、「35kmの壁」にぶち当たったときです。

結局、ペース配分というのはフルマラソンでは最も難しいことで、もちろん、フルマラソン対策の練習が大変なのは、エリートランナーだけではないでしょう。

 

◆ハーフ地点で苦しんだときの対処法

筆者の場合は、30kmどころかハーフ地点ですでに“脚が死んでいる”ということも多々あります。

この時に、いかに自分を騙すかということが、これまでのレース経験で「巻き返せるか」、「諦めるか」の2択に分かれてしまいます。

「何とか脚が戻るまで諦めない」という心持ちは、練習量やペース配分以上に、「自分との闘い」が待っていますよね。

もちろん、低体温や全身の痙攣などを起こした場合は仕方ないですが(自己擁護)、これまでのレースを振り返って「充実したレースだった!」と思えたのは、やはり気持ちを切らさなかったレース。

設楽悠太選手や服部勇馬選手といったエリートランナーと比較しては失礼ですが、どんなランナーでも「目標タイム」に向かって練習するという点では、すべてのランナーが「同じ権利」を持っているともいえるんです。

「自分に負けない。諦めたら終了」という言葉は、失敗レースの後だけじゃなくて、目標を達成したあとも常に持っておきたいですよね。

 

まとめ

設楽悠太選手の果敢な走り、そして1年前のリベンジを果たそうとした服部勇馬選手。

どちらも「納得がいかない」という表情をされているのは、それだけ「高み」を目指しているからでしょう。

我々市民ランナーも、エリートランナーに負けないぐらいの「気持ち」は常に持っておきたいものです。

【画像出典】

https://pbs.twimg.com (写真は別レースです)

Powered by Goggle

設楽悠太 服部勇馬

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Runjoy!編集部です。 【編集長プロフィール】 愛媛県松山市にいる市民ランナー。大阪生まれで東京でメディアマンとしても活躍。 フルマラソンは未だサブスリーしておらず。 【PB】 フルマラソン: 3時間3分 ハーフマラソン:1時間23分(非公式) 10km:36分29秒 5km:17分50秒(非公式) 「ランニングフォーム」や「健康」を第一に考えるランナーです。 楽しく走りつつ、マナーのよいランナーになるのが目標です!