苦手!フルマラソンがうまく走れない人の特徴

フルマラソン

駅伝からハーフマラソンまでは得意なのに、フルマラソンになると「いつも満足した走りができない」という方も多いのでは?

かくいう筆者もその一人で、「30kmの壁」どころか、ハーフ地点ですでにトラブルを起こすケースも。

実はフルマラソンがうまく走れない人には、ある一定の特徴がありそうなんです。

 

◆スピード型のランナーとは何か

俗に言う「スタミナ型」と「スピード型」ではそもそも練習のアプローチが違いますよね。

スタミナ型に多いのが、休日にはLSDなどを中心にし、平日もポイント練習以外はのんびりと走る“走るのが大好き”タイプ。

100kmマラソンなどにも出場する「強いランナー」の共通点として、長く走ることがとにかく好きというタイプはフルマラソンでも大崩れしにくいですよね。

逆に、「スピード型」のランナーは若い人に多い傾向があります。

そもそも「スピード型」は、心肺機能+ストライドの広さを利用して、LTペースよりも速いペースで押すことが得意なランナー。

有酸素運動よりも、無酸素運動に近いスピードで押すことに“快感”を覚えやすいのも、スピード型ランナーといえます。

ただ、このスピード型ランナーが、いわゆる「30kmの壁」などにもぶち当たりやすい特徴があるんです。

 

◆フルマラソンが苦手な人の特徴はコレ

小さな駅伝大会では区間賞。5kmも17分台で、10kmマラソンのベストも35-36分。

ハーフマラソンは82-83分で押せるにも関わらず、フルマラソンともなるとサブスリーも難しいというランナーは、少なからずかなりいるはずです。

実はこれ、一定の傾向があるはずなんです。「できる練習」さえこなすことができればサブスリーという目標は達成できるはずなので、以下の項目に心当たりがあれば“フルマラソンが苦手なランナー”といえるかもしれません。

 

✅ 短気である

✅ 食べるのが早い

✅ 仕事を早く終えることができないとストレスを感じる

✅ 負けず嫌いである

✅ 勝負事が好き

✅ 「速い」という言葉に敏感である

✅ 60分のジョグより40分の10km走が好き

✅ やっぱり短気

 

5個以上は当てはまったのでは!?

 

◆フルマラソンを走りきるには練習のアプローチの見直しも

「自己紹介乙」ですが、もちろん筆者は8個全部です。

日ごろ、ゆっくり走ることに罪悪感がある、あるいはゆっくり走るのが退屈と感じるランナーは、ロング走もついついペース走になりがちでしょう。

たとえば、30km走を2時間2分~5分で走ることが“サブスリーをする”という指標にはなるのですが、その後の12.195kmをどのようにメイクするかまでは頭に入っていないランナーも多いのではないでしょうか。

要は、「ゆっくり走る」ということを疎かにしていると、フルマラソンでは痛い目にあう可能性も高まるということです。

もちろん、もともとの心肺機能が突出している、あるいはスピードが桁違いに速いという方は別です。

ただ、フルマラソンで「スピード型」のランナーに起こりやすいのが、「脚のトラブル」。

痙攣、故障、ガス欠、ペースメイクのミスはよくある失敗でしょう。

「ゆっくり走れば速くなる」は、あながち嘘ではないのかもしれませんね。

 

まとめ

短気な筆者、夜まで仕事をしていることもあり、「ジョギング」がいつの間にか「ビルドアップ走」になっていることもしばしば。

でも、やはりフルマラソンを走りきるには“長い時間体を動かす”ということを、体に覚えさせることも大事なんです。

LSDも、アプローチの仕方次第では、フルマラソンの「大きな武器」になりえます。

もし筆者と同じようなランナーさんがおられれば、ぜひLSDをご一緒していただければと願うのでありました。

【画像出典】

http://fellrnr.com

Powered by Goggle

フルマラソン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Runjoy!編集部です。 【編集長プロフィール】 愛媛県松山市にいる市民ランナー。大阪生まれで東京でメディアマンとしても活躍。 フルマラソンは未だサブスリーしておらず。 【PB】 フルマラソン: 3時間3分 ハーフマラソン:1時間23分(非公式) 10km:36分29秒 5km:17分50秒(非公式) 「ランニングフォーム」や「健康」を第一に考えるランナーです。 楽しく走りつつ、マナーのよいランナーになるのが目標です!