ランニングの怪我を防止するには「バランス感覚」が大事

ランニングの怪我を防止するには「バランス感覚」が大事

ランニングやジョギングに熱中すると、多くのランナーを悩ませるのが「怪我」。

ランニング障害はもはや、ランナーにとって悩みのタネの一つ。人によっては、毎日が憂鬱な気分になる人だっているんです。

怪我を防止するには、いかに“バランス感覚”を養うかが「ランニングフォーム」での肝。

怪我をしないランナーになるためには、どうすればいいか知っていますか?

◆ランニングでの怪我の原因は「オーバーワーク」

ランニングでの怪我の原因の多くが「オーバーワーク」でしょう。

故障をするかしないかは、それまでの練習量やフォームに依存することがあるので、慣れないスピード運動や過走行距離がたたると、一気に怪我・故障をしてしまう原因にも。

様々なランニング障害がありますよね。

 

ランナーズニー(腸脛靭帯炎)

肉離れ(ハムストリングス・太もも etc…)

シンスプリント

足首の捻挫

足の甲の疲労骨折

腰痛

足底筋膜炎

 

ほとんどすべてが“オーバーワークによるもの”ともいわれ、他にはランニングフォームの乱れが次点に挙げられます。

これには因果関係があって、「オーバーワークになるから体のバランスが崩れる=故障しやすい」というケースも多いんです。

つまり、日ごろから「バランス感覚」を意識したジョグ&フォーム固めが、ランニング障害・怪我防止となるわけですね。

 

◆ランニングフォームはバランス感覚第一?ジョグで気をつける点

普段、ひたすら追い込む練習をしているランナーこそ陥りやすいのが「フォームへの意識の欠陥」。

追い込む練習ばかりだと、フォームへの意識がジョグに比べて下がりがちです。

もちろん、インターバルなどでいかにタイムを維持して回すかには「フォーム」をいかに崩さないかが大事なんですが、余裕がなくなるとフォームへの意識も薄れがちに。

なので、ジョグできちんと「バランス感覚」を養うことが大事なんです。

特に、片方の足が痛みやすいというランナーは、バランス感覚が崩れている可能性が大。

バランス感覚が崩れている原因としては、

 

骨盤が歪んでいる

ランニングフォームに癖があり、重心が偏っている

体幹が弱く、途中で“脚で走ってしまう”ことが多い

肩に力が入りすぎている

 

といったことが挙げられます。

日頃、あまりジョグをしない人は上記のことを改善するようにしてみてはいかがでしょう?

たとえば、骨盤が歪んでいるのなら、バランスボールを椅子代わりにしてみる。

フォームに癖があるのであれば、鏡でフォームチェックをしてみる。

体幹が弱いのであれば、インナーマッスルを鍛えるトレーニングを取り入れる。

肩が疲れるのであれば、腕振りのリズムを変えてみるなど、何でもないようなトレーニングのアプローチが“故障予防”につながることも多いんです。

 

まとめ

2017年1月5日に交通事故に合い、左右のバランス感覚が崩れている筆者ですが、やはりバランスというものが「故障予防」には大きな起因になります。

オーバーワークもしかりですが、きちんとした“体のバランス”を意識してジョグや補強運動をするのも、怪我防止には大事でしょう。

【画像出典】

http://www.runnersworld.com

Powered by Goggle

ランニングの怪我を防止するには「バランス感覚」が大事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Runjoy!編集部です。 【編集長プロフィール】 愛媛県松山市にいる市民ランナー。大阪生まれで東京でメディアマンとしても活躍。 フルマラソンは未だサブスリーしておらず。 【PB】 フルマラソン: 3時間3分 ハーフマラソン:1時間23分(非公式) 10km:36分29秒 5km:17分50秒(非公式) 「ランニングフォーム」や「健康」を第一に考えるランナーです。 楽しく走りつつ、マナーのよいランナーになるのが目標です!