神戸マラソン直前!マラソン前の注意点

いよいよ20日は神戸マラソン2016。

この日を楽しみに、日々、調整に余念がなかったランナーも多いのでは?

金曜日は事前受付が始まりますが、マラソン前に心がけておきたいことや注意点をきちんと知っておきたいですね。

◆事前受付のエキスポで楽しみすぎない

受付後は、エキスポでさまざまなブースがありますよね。特に都市型マラソンに多いんですが、あまりにも楽しみすぎると“余分な体力”を消耗しがちに。

もちろん、マラソンの走り方は人それぞれ。

ファンランという方は問題ありませんが、タイムを狙っているのであれば適度に無料でもらえるものをもらって立ち去りましょう

また、マスクは必須。マラソン前に風邪だけは引いてはいけませんよ~!

 

◆前日のカーボローディングは控えめに!?

いろいろなマラソン雑誌に「カーボローディングの是非」が書かれていたりしますし、前日に「カーボパーティ」と称するイベントもありますよね。

ただ、あまりに詰め込みすぎると「お腹を壊す」というリスクもあるんです。

また、前々日から前日はあまり運動量も高くないので、大幅な体重増につながってしまうこともあるんです。

前日のカーボローディングは、適度にほどよくがおすすめで、物足りない場合は“甘いもの”を食べるのがおすすめ! ケーキなどいかがでしょう。

 

◆神戸マラソンも!会場に行く時間は余裕を持って

多くの方が電車でマラソン会場に行かれると思いますが、阪急も阪神も、三宮行きの車内はランナーであふれています。

あまりにギリギリの時間に行くと、人の多さと緊張、独特のマラソン会場の緊張感に圧倒されがち

早く行き過ぎた場合は、地下で準備をするのもおすすめ!

ただ、あまりに早く行き過ぎて、体を冷やさないように注意してくださいね。

 

◆会場からスタート整列まで

マラソン当日は高揚感や緊張で、普段はありもしないことが起こりやすいんです。

忘れ物がないよう、前日は持ち物を要チェックですよね。

また、会場には余裕を持って荷物を預けたいところ。

レース中に持って走るジェルを、荷物で預けてしまった!」ということがないよう、余裕を持って荷物渡しをしてください。

また、レース整列までにきちんとトイレには行っておくことは絶対にしておきたいところ。

筆者は2年前の神戸マラソンでは、スタートして10分ぐらいでトイレに駆け込みました。

 

まとめ

神戸マラソンにかぎらず、同日にはつくばマラソンなども開催。

この時期は適度に温かいので、ファンランにはもってこいの季節ですね。

もちろん、シリアスランナーも当日は快走されるよう、きちんとした準備でレースに望んで下さい!

 

【画像出典】

http://www.kansai.gr.jp

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Runjoy!編集部です。 【編集長プロフィール】 愛媛県松山市にいる市民ランナー。大阪生まれで東京でメディアマンとしても活躍。 フルマラソンは未だサブスリーしておらず。 【PB】 フルマラソン: 3時間3分 ハーフマラソン:1時間23分(非公式) 10km:36分29秒 5km:17分50秒(非公式) 「ランニングフォーム」や「健康」を第一に考えるランナーです。 楽しく走りつつ、マナーのよいランナーになるのが目標です!