RUNJOY!

ランニングと健康を楽しむブログメディア

ランニングがストレス解消になる理由

time 2016/08/26

ランニングがストレス解消になる理由

8月も終わりかけていますが、未だにマラソンシーズンモードに入れず、ヘラヘラしながら毎日過ごしている筆者です。

そんな甘い自分に鞭打つべく、甘いモノなどのお菓子は口にしないようにしています。

筆者はランナーには不利な“上半身の筋肉(贅肉)”が豊満な体型。「この夏こそは!」と誓って、6回目ぐらいの夏を迎えようとしています。完全に意志が弱いです。

ただ、ランニングで受けた恩恵は何も「競技のタイム」や「ダイエット効果」だけではありません。

大いに感じているのが、ランニングでの「ストレス解消効果」なんです。

「なぜ、ランニングはストレス解消にうってつけなのか」

その理由をご紹介しちゃいますので、ランニング嫌いの人もご一読ください。

sponsored link

◆ランニングがストレス解消にうってつけなのは「セロトニン」のおかげ?


出典:https://cdn.davidwolfe.com

ランニングを嗜む紳士・淑女の皆様であれば、リズム運動であるジョギング・ランニングが「セロトニン」を出すことで、脳がリラックスしやすいということは耳にしたことが一度はあるでしょう。

“ストレスホルモン”と呼ばれる「コルチゾール」に対し、“幸せホルモン”と呼ばれるのが「セロトニン」です。

ちなみにコルチゾールは体内になくてはならないものですが、あまりに過剰に分泌されてしまうと、ストレスが抑えきれなくなり、「鬱病」などを発症してしまう原因にもなってしまうんです。

その半面、「セロトニン」はまさに、脳内麻薬。“痛みを緩和する効果”もあり、以下のような症状にも効果があります。

 

頭痛持ち

坐骨神経痛などの腰痛

怠さや疲れ

 

逆に、セロトニンが低下すると自律神経の乱れにより、不眠になることもあり、加えて情緒不安定になることも増えます。

そんなことから、科学的にもリズム運動であるランニング・ジョギングは、ストレス解消にうってつけといわれるわけです。

筆者は男性なのでわかりませんが、PMSなどの症状の緩和にも大きな効果があるといわれているので、まさに美容や健康にも効果があることから、ストレス解消につながるともいえますね。

 

◆忙しすぎる現代人のストレス解消!ランニングの瞑想効果とは


出典:http://rikunews.boo.jp

現代人は忙しすぎます。

語弊を生むかもしれませんが、生きる上で仕事は“暇つぶし”です。もちろん、ランニングやジョギング、マラソンを走ることも筆者にとっては人生の暇つぶしです。

「人生なんて大したことない」と、まるで達観したかのようなことを思う筆者ですが、周囲を見回すと多忙にまみれたサラリーマン、最新情報に敏感な若年層、スマホゲームに夢中な人たちと、まさに自ら「ストレス状態」に陥っているのが現代人です。

1日24時間のうち、睡眠が占める時間はおよそ3分の1で、学業や仕事に打ち込む時間を含めると、「ホワイト企業」に勤める方でも平日の自由な時間は6時間しかありません。

その6時間で「何かをしなければいけない」と思うのが、現代人の疲れ・ストレス状態の原因とも考えられませんか?

スマホでLINE、SNSでリア充自慢、スクールに通う、ギャンブルでお金をつぎこむ、女子会で喋ってストレス解消をする……

多忙極まりない現代人は、自分と向きあう時間が少なすぎます。


出典:http://www.driversdown.com

要は、「何もしない時間」というのが少なすぎるわけです。

その点、ランニングは無意識に“走っている”ということができます。もちろん、競技のために追い込むポイント練習では、無意識は許されません。というか、無意識だとペースも上がりません。

ただ、何にも束縛されず、どんな道具にも左右されず、ひたすら自分の体と対話できるのはランニングならではなんです。

競技志向の人であっても、ゆっくりジョギングをすることは多いでしょう。

ランニングというのは、ゆっくり走っていると頭に色々なことが浮かんできます。嫌なことも、楽しいことも、仕事のことも、学校のことも、あるいは家族のことも。

そんなとき、ひたすら頭に浮かんでいることをありのままに受け入れるということが、いわゆる「瞑想」に近い効果があるんです。

アロマやヨガをする女性も多いでしょうが、その瞬間はリラックス状態になりますよね。

ランニングも同じで、手足を動かしてひたすら“走りに身を任せる”ということで、心身ともに「ストレス解消」となるわけです。

「ダイエット」や「美容」、「競技志向」に打ち込むということもいいんですが、一度、癒やしというストレス解消の観点で走ってみてはいかがですか?

きっと頭もすっきりするはずですよ。

 

まとめ

9月に入っても暑さは続きますが、いよいよ「マラソンシーズン」となる方も多いでしょう。

競技志向の方は特に、10月からレースも始まります。他人事のように言ってますが、筆者はもそうです。

それまで、いかに心身ともにリラックス状態にいれるかということも練習の一つです。

そんな筆者は今日も、軽くジョギングした後にビールを呷っています。

ダイエットを誓って約2200日、一向にランナー体型になったことはありません。

 

【TOP画像出典】

http://blog.altrazerodrop.com

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


Profile

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

愛媛県松山市で走る市民ランナー。 未だサブ3ができていない、ウンチク野郎。 食べることが好きすぎて一向に痩せないことで有名。 ◆PB フルマラソン: 3°03’16" ハーフマラソン: 1°25'50" 10km: 36'29" 5km: 17'50"

Instagram & JogNote



sponsored link