ポケモンGO上達の秘訣はランニングにあり?

ポケモンGO ランニング

いよいよ日本でも配信が始まった『ポケモンGO』。

ゲームの仕組みで、“たまごの孵化”には時速10km/h以下での移動を繰り返す必要があるといわれています。

ちなみに時速10km/hを超える移動では意味がないようなので、自転車や車はNG。

ちなみに時速10km/hといえば、ランニングではキロ6分。ジョギング愛好家であれば、ニコニコと走れるスピードでもありますが、もし日ごろランニングやジョギングをしていない方にとってはきついスピード。

それゆえ、『ポケモンGO』をきっかけにランニングを開始してみてはいかがでしょう?

◆Ingressの再来?「ポケモンGO」で運動不足解消は可能か

『Ingress』というアプリをご存知の方も多いのでは?

INGRESSはGoogleがリリースしたバーチャルリアリティゲームのアプリで、プレーするにはスマートフォンの画面を操作するだけでなく現実世界を歩かないといけない。ゲームにハマるあまり歩き回ってしまい、その結果、ダイエットを成功させる人が続出しているという。

出典:http://news.mynavi.jp

要は、歩けば歩くほどゲームが充実するという内容なんですが、実は筆者も一年前に試してみました。

「気分転換のLSDにはいいかな」とスマホを持って走っていたのですが、実は筆者は物を持って走るというのが大の苦手。3日ほどでアプリもアンインストールという結果になってしまいました。

実は、『ポケモンGO』は、この『Ingress』が元になっているようです。

“歩けば歩くほど”という健康要素に、街中に潜むポケモンを見つけるという「リアルバーチャル」の要素で、さっそく今日から「歩きスマホ」の方も増えそうです。

実際、アメリカでは人と人との衝突だけではなくて、交通事故も増えていますし、『ポケモンGO』に夢中で立ち入り禁止区域に無意識に侵入して逮捕されるという実態もあるようですね。

あくまで“画面は見ない”という前提になりそうですが、運動がてら『ポケモンGO』を起動して走ってみるのはいかがですか?

 

◆「ポケモンGO」でたまごの孵化を推奨されるためのジョギングの方法

『ポケモンGO』でたまごの孵化を進めるためには、ランナーの専門用語でいうLSD(ロング・スロー・ディスタンス)が適切なスピードではないでしょうか。

個人差はあるものの、時速7km/h~8km/hで1時間走ると、だいたい500kcal程度のカロリーは消費されるはずです。

普段、スマホゲーばかりで太ってしまったという方には、『ポケモンGO』を利用したランニングもおすすめしたいところです。

 

◆「ポケモンGO」を起動してランニングをするときの注意点

普通にランニングをする際にも、交通マナーは守るランナーが多いです。なので、もし『ポケモンGO』のためにランニングをするとすれば、公園を周回するなどがオススメ。

決して、スマホの画面を見ながら走るだとか、ちょっとつかれた時に「歩きスマホ」をするというのは、自分自身の怪我はもちろん、他の方に迷惑をかけることになってしまいますよね。

筆者もまだ『ポケモンGO』をDLしたばかりで面白さを全面に感じているわけではありませんが、Androidでもすでに1000万以上のダウンロードがされているようです。

“ゲームを進めるために、ランニングをしてみる。ランニングにはまる。そしていつしかマラソンへ……!”というのが筆者の「マラソン愛好家増加計画」なんですが、あくまで周囲の状態に気をつけて遊んでくださいね。

 

まとめ

すっかりと社会現象になりそうな『ポケモンGO』。

『Ingress』はプチブームまででしたが、『ポケモンGO』はかなりのブームになりそうですよね。

「最近、運動不足なんだよね」という方は、『ポケモンGO』を利用してランニングを始めてみてはいかがでしょう? ただ、絶対に事故には注意するようにしてくださいね。

 

【オススメ記事】

http://www.info-jog.com/2016/03/18/%E5%88%9D%E5%BF%83%E8%80%85%E3%83%A9%E3%83%B3%E3%83%8B%E3%83%B3%E3%82%B0%E3%82%B7%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%BA/

 

【画像出典】

http://news-staynight.com

ポケモンGO ランニング

加圧シャツ ランニング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Runjoy!編集部です。 【編集長プロフィール】 愛媛県松山市にいる市民ランナー。大阪生まれで東京でメディアマンとしても活躍。 フルマラソンは未だサブスリーしておらず。 【PB】 フルマラソン: 3時間3分 ハーフマラソン:1時間23分(非公式) 10km:36分29秒 5km:17分50秒(非公式) 「ランニングフォーム」や「健康」を第一に考えるランナーです。 楽しく走りつつ、マナーのよいランナーになるのが目標です!