RUNJOY!

ランニングと健康を楽しむブログメディア

鬱病も治る!? ランニングでセロトニンを増やす

time 2016/06/27

鬱病も治る!? ランニングでセロトニンを増やす

ランニングは依存症になりやすいという記事を、『体に悪い?ランニング依存症の症状の弊害』でも書かせてもらいましたが、ランニングは、脳内物質である「セロトニン」が出やすいスポーツでもありますよね。

近年、日本で急増しているのが「鬱病」などの“精神疾患”。

「セロトニン」が“幸せホルモン”と呼ばれるのに対して、今の日本は“幸せ”のかけらもないような“諦め”の雰囲気すらありますよね。

特に、若年層を中心とした、将来に対する“希望”や“夢”の欠如は、日本では深刻。

筆者個人の意見としては、“脳の病気”でも、それは大きな「贅沢病」なんです。

野生という原点に帰ることができる「ランニング」で、鬱病を治すことも可能なはずですよ。

sponsored link

◆中国やモンゴルの人は貪欲!でも、日本の文化は「内省的」

ややランニングの内容と離れますが、最近、ある場所で中国の方やモンゴルの方とお話をする機会があります。

そこで強く感じるのが、中国やモンゴルの方は、“欲”に対して忠実な傾向が強いところ。

もちろん、個人差があるでしょうが、たとえば“食欲”、“睡眠欲”、“性欲”など、人間として基礎的な“欲求”に素直な感情を表すことが多いなと感じますよ。

中国の方が言うには、「日本人は、もっと意見を言うべき。空気の文化とか、和の文化より、言いたいことをもっと直接言った方がいい!」とのことでしたが、これは確かに「一理ある」と、2ちゃんねらーなみの掌返しをした筆者でありました。

要は、日本の文化は、定量的な評価が強すぎるのか、数字や結果にこだわりすぎるあまり、定性的な“達成感”を味わいにくい文化ともいえるんです。

「結果しか求められない」とため息をつく若年層の増加は、つまり、日本人として今の文化は、“あらゆる欲求”が叶いやすい時代だともいえるのでは? そんなに“努力”をしなくても、“ある程度の欲求”は叶ってしまう。

それが、“なぜ生きているか”という、負の原点回帰のスパイラルに陥った結果、「精神疾患」というものが“あたりまえ”な時代になってしまったわけなんです。

 

◆ランニングをしてセロトニンを正常値に戻す!人間の欲求に忠実に

「精神疾患」といえば、「鬱病」という病名が“一般的”ではありますが、この「鬱病」の大きな原因が、“セロトニン欠乏”だともいわれています。

脳からセロトニンが分泌されにくくなると、「何もする気が起きない」と脳が体に信号を送ってしまうわけです。

あらゆる“嗜好品”が溢れる日本ですから、“幸せになる方法”は多くあるはずなのに、なぜか反比例して「精神疾患患者数」は増加の一途。

つまり、“欲求をうめる”というツール自体が、“複雑化”しすぎなんです。

ランニングというのは、ただ、野性的に手足を動かしていれば、健康体であれば誰でもできるもの。「セロトニン」は“リズム運動”によって分泌されやすいんですが、ランニングはシューズさえあれば気楽に始められることができますよね。

「鬱病」と“診断され”、「SSRI」などのお薬でセロトニンを出すのも鬱病の治療の一つですが、“体を動かす”という、人間(動物)にとって“あたりまえ”の行動で、セロトニンを正常値に戻すのも、人間の“三大欲求”を取り戻す一つのツールなはずですよ。

 

まとめ

いかがでしょうか。

ちなみに日本人は、とにかく「定量的な評価」で“承認欲求”を埋めやすいともいわれているんです。なので、マラソンのタイムや普段の練習タイムで“一喜一憂”するのは、日本人に合っているんです。

ただ、筆者がこれから走られるランナーの皆様に知ってほしいのが、“単純に走ることができるという悦び”です。

人生を通して、ランニングとセロトニンの関連性など小難しいことなど考えずに、走ったあとは好きなものを食べたり、ほどほどのお酒を飲んだりして、毎日を楽しく過ごすことこそ、“正しい欲求のあり方”なのかもしれませんよ。

 

【画像出典】

Toddler with brazilian t-shirt running / PJPhoto69 – Getty Images

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


Profile

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

愛媛県松山市で走る市民ランナー。 未だサブ3ができていない、ウンチク野郎。 食べることが好きすぎて一向に痩せないことで有名。 ◆PB フルマラソン: 3°03’16" ハーフマラソン: 1°25'50" 10km: 36'29" 5km: 17'50"

Instagram & JogNote



sponsored link