RUNJOY!

ランニングと健康を楽しむブログメディア

ランニングでメンタルが強くなるは本当か

time 2016/05/27

ランニングでメンタルが強くなるは本当か

打たれ弱い、サボりグセあり、楽なことが大好きな筆者です。

ランニングというものに魅力を覚え、合間にブランクはあったものの、すでに10年ほどのお付き合い。未だにフルマラソンで「サブ3(3時間斬り)」ができないのは、“メンタルの弱さ”にあると睨んでいます。

違う言い方をすれば、「詰めが甘い」とも言います。

そんな筆者ですが、ランニングが日課になってからは約6年が経ちます。

そこで問題なのが、“ランニングを続けることでメンタルは強くなれるのか”という論争。論争といいますか、今思いついただけです。

ということで、「ランニングとメンタルの因果関係」について考察してみましたよ。

sponsored link

◆マラソンでもぶち当たるはず!? そもそも「メンタルが強い」というのはどういうことなのか

マラソン以外で、たとえば仕事や学業で、“メンタルが強い”というのは、そもそもどういうものなんでしょう。

小さなことは気にしない、切り替えが早い、決断力があり目標に向かってひた走る、諦めない、他にも色々な表現があるでしょう。

ちなみに余談ですが、上記は筆者の性格の逆を参考にしています。

“メンタルが強い”というのは、スポーツの世界ではかなり重要なことです。

野球でたとえれば、マウンドに立つ投手はランナーが出た時、「「リー、リー、リー(リード、リード、リードの略)」と煽られても、バッターに“集中”しなければいけません。

不動だにしない集中心と、細かなことを気にしない図太さが、スポーツではかなり重要です。

要するに、マラソンも含めて、スポーツで重要なのは“めげない心”と“集中力”という仮説が立てられますね。

 

◆ランニングを続けることで「メンタル強化」は可能か

「豆腐メンタル」と自称する筆者ですが、ランニングにおいてメンタルが強くなるかどうかという答えに関しては、自信を持って「ある」と返答できます。

つまるところ、ランニングをしていなかったときの筆者は、「人間失格」のレベルだったんでしょうか……?

さて、本題に入ると、“ランニングを続けることでのメンタルの強化”に関しては、「根性論」抜きに効果があると考えています。

 

メンタル強化1: セロトニンがドバドバ出て脳が元気に

「メンタルヘルス」という言葉も一般的になりましたが、筆者もどちらかといえば病みやすい方。

細かいことを気にする方こそ、セロトニンという、“幸せホルモン”と呼ばれる脳内ホルモンを出してあげることが大事なんですね。

脳が元気になると、心身ともに元気になり、それが「メンタルの強さ」につながります。

 

メンタル強化2: 継続は力なりが自信になる

ランニング愛好家の方の多くは、毎日走っておられますよね。

筆者には信じられませんが、毎日20km走るランナーも周囲にはいます。話が脱線しますが、長い距離を毎日走るランナーは、“強いランナー”という点が共通しているように感じます。

筆者は筆者なりに、ちゃんと継続して数年。

今までの人生で「継続」なんて言葉を実践してこなかった筆者には、強い自信になっていますよ。

 

メンタル強化3: 健全な精神は健全な肉体に宿る

ローマの詩人が発祥だろうが、三島由紀夫氏が何と言おうが、確かに「健全な精神は健全な肉体に宿る」は本当です。

というのは、筆者は幼少期はかなり病弱で、原因不明の高熱での入院などが続いた経験も。

ランニングを始めてからは、大きな病気はした覚えがありません。

言葉通り、「健全な精神は健全な肉体に宿る」わけで、健康な体だからこそ、ニコニコとした健康な生活が送れるんですね。

健康でなければ、メンタルは平常値を保てないはずです。

 

メンタル強化4: フルマラソンではメンタル強化にうってつけ

フルマラソンといえば、「30kmの壁」や「35kmの壁」がありますよね。

ちなみに筆者は、もれなく「21kmの壁」にいつも苦しんでいます。

フルマラソンを走っていると、体がどうしても自分の思う通りに動かない時があります。

足が動かない、お腹が痛い、脚が攣りそう、ガス欠、そんな「ドMな状況」に打ち勝つのも、フルマラソンの醍醐味ですよね。

37km以降、意識を失いそうになりながらも、ペースを落とさずゴールしたときの達成感は、必ず自信になり、メンタル強化にもなるはずです。

普段の練習でメンタルが強化され、フルマラソン本番では“強さ”を要求されるともいえますよね。

 

まとめ

いかがでしょう。

特に筆者の場合は、「言い訳」が多かったため、これがメンタルの弱さを露呈していたことに。

昔はいわゆる、レース中での「止まりグセ」が続いたこともありました。

ただ、これって意外と気持ちでカバーできるんです。

「メンタルを強化したい!」

そんな筆者のような豆腐メンタルな打たれ弱い人間には、ランニングやマラソンは“絶好の修行場”なのかもしれません。

オススメします!

 

【画像出典】

http://www.active.com/triathlon/articles/making-the-jump-from-marathon-to-ironman

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


Profile

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

愛媛県松山市で走る市民ランナー。 未だサブ3ができていない、ウンチク野郎。 食べることが好きすぎて一向に痩せないことで有名。 ◆PB フルマラソン: 3°03’16" ハーフマラソン: 1°25'50" 10km: 36'29" 5km: 17'50"

Instagram & JogNote



sponsored link