まつえレディースハーフ制覇!下門美春が「かわいい」

女子ハーフマラソンの登竜門『まつえレディースハーフマラソン』が開催され、下門美春選手が優勝しましたね。

タイムは1時間11分47秒で、前年覇者である松山大学の上原明悠美選手を振り切っての1位。

序盤から先頭を走り、堂々の走りを見せてくれました。そんな下門美春選手ですが、「かわいい」とネットでも話題のようです。

◆下門美春のプロフィール!目指すは東京オリンピックか


出典:https://pbs.twimg.com

下門 美春

1990年4月24日 栃木生まれ
栃木県出身
(那須拓陽高校)
血液型/A型
趣味/お酒を飲むこと
◆ベストタイム
3,000M 9分17秒85
5,000M 15分48秒35
ハーフマラソン 1時間12分09秒

参考:http://www.shimamura.gr.jp

2016年2月21日の「青梅マラソン 30km」では、女子の部で優勝した下門美春選手。

先輩の意地が上回った。下門は和久と並走していた残り6キロ地点の下り坂で、スッと前に出た。「ついて来られて不安だったけど、負けられない。ここだ!と思って」ペースを上げた。招待選手ではなく、ゼッケンに名前がない。「しまむら、頑張れ~」と社名で応援されながら、後輩の猛追を振り切った。

出典:http://www.hochi.co.jp

25歳と、年齢的にも東京オリンピックに向けての注目選手です。

華々しい活躍が目立ち始めた下門美春選手ですが、高校卒業後に入社した第一生命では「自分の力が信じられない」と、一時、陸上をやめていたようです。

ただ、「また駅伝がしたい」との気持ちで、しまむらに入社したんですね。

今回の「まつえレディースハーフ」でも、粘りとスピードの両方を見せてくれ、今後、さらに期待できる選手ではないでしょうか。

matsue_01

20kmから、上原選手とデッドヒートが続きますが、上原選手の度重なる仕掛けに動じない下門美春選手。

まだ余裕があるようにも見えますね。

matsue_02

喜々としてゴールテープを切った下門美春選手。

そんな下門美春選手ですが、プライベートでは“普通にかわいい女子”なんです。

 

◆下門美春はセクシー路線?

 

 

どうやら山田哲人選手の大ファンのようです。

走っていないと、“普通にかわいい女子”ですよね。

 

今後も走りにプライベートに魅せてほしいもの。

「東京オリンピック 女子マラソン」の先頭グループで見れることを楽しみにしたいですね。

 

【参考/画像出典】

https://twitter.com/miiiiiha0424/

https://pbs.twimg.com




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

Runjoy!編集部です。 【編集長プロフィール】 愛媛県松山市にいる市民ランナー。大阪生まれで東京でメディアマンとしても活躍。 フルマラソンは未だサブスリーしておらず。 【PB】 フルマラソン: 3時間3分 ハーフマラソン:1時間23分(非公式) 10km:36分29秒 5km:17分50秒(非公式) 「ランニングフォーム」や「健康」を第一に考えるランナーです。 楽しく走りつつ、マナーのよいランナーになるのが目標です!