RUNJOY!

ランニングと健康を楽しむブログメディア

初心者におすすめしたいランニングシューズ

time 2016/03/18

初心者におすすめしたいランニングシューズ

ダイエットなどをきっかけに、「ランニングを頑張ってみよう」と思う方も増えていますよね。

ただ、「最初はランニングシューズを買えばいいのは分かっているけれども、初心者だから何のシューズを履けばいいのか分からない」

そんな声をよく耳にすることも多いんです。

女性であればランニングウェアにもこだわりがいきそうですが、男性も女性も“ランニング初心者”として大事なのは、間違いなく「ランニングシューズ」です。

このランニングシューズ選びを間違ってしまえば、最悪、関節を痛めたりして走れなくなることも。

ランニングが日常になると、走るのが楽しくなってくるもので、怪我をして走れない日々は逆にストレスになってしまいますよ。

そのため、最初のランニングシューズ選びは大事なので、おすすめランニングシューズも含めて、シューズ選びの基本をご紹介しちゃいます。

sponsored link

◆ランニングシューズの選び方とおすすめシューズ◆

◆ランニングシューズ選びで大事なのはクッション性!ランニング初心者は特に重視を

初心者 ランニングシューズ
出典:Man Shopping for Shoes / by Fuse – Getty Images

ランニング初心者の方は、まずはスポーツショップでシューズの試着(フィッティング)することから始めます。

店員さんに、「おすすめランニングシューズは何ですか?」とアドバイスをもらって、それを買うのも確かに安全です。

ただ、ネックとしては店員さんは“売りたいシューズ”を売ろうとすることが多いんですね。たとえば、「今、人気だからこのランニングシューズはオススメ! いかがでしょう?」といった具合です。

もちろん、中には日頃からランニングをしている“ランニングのエキスパート”というショップ店員の方もいますので、そういった方のアドバイスは抜群です。

ぜひアドバイス通りのシューズを購入されてください。

しかし、安易に“おすすめシューズ”を購入した結果、思ったよりクッションがなくて靴底が薄いだとか、いざ走ってみたら足に合わなかったとなるのはNG。

「もったいないから」と、足に合わないシューズを履き続けて足を痛めてしまえば、本末転倒です。

ランニングをこれからはじめようとする初心者の方は、軽量性や流行りではなくて、“クッション性”を大前提でランニングシューズを選んでください。

筆者の場合は、初心者の頃、軽量性で選んで膝を壊した経験があるんです。しかも、初フルマラソンの2週間前の出来事でした。

 

◆クッション性の他に大事にすることは?初心者は重量のあるランニングシューズを

初心者 ランニングシューズ
出典:Lacing up before the run / by PeopleImages.com – Getty Images

クッション性があるということは、重量もあるシューズであるということが多いんです。

ただ、実際に試履をしてみて、「お! 軽くて走りやすくて、クッション性もありそう」と主観的に決めてしまうと、それが実は“初心者用のランニングシューズではなかった”ということもあるので注意です。

ポイントは、“クッション性と重量”、両方あることです。

ランニングシューズの大きな役割として、着地の衝撃を和らげることがあります。

ランニングをするときは、体重の3倍以上の負荷が足にかかると言われるので、クッション性がないシューズで走ると、最初は脚の筋力がその衝撃に耐え難いんです。

体重80kgでダイエットを始める人は、240kg程度の重さが足にかかるわけですね。

また、重量があるかどうかが大事なのは、そのシューズの耐久性に関係があります。

エリートランナーが好むのは、クッション性が高く、反発性もあって軽いシューズです。

でも、そういったシューズは耐久性も低く、実業団のランナーであれば、レーシングシューズは一回履いて捨てるという人も。あの瀬古利彦さんも、「一回レースで履いたシューズは友達に譲ってました」なんて、羨ましい発言をしていますよ。

ただ、どうせならランニングシューズは長く使えるものがいいですよね。

重量があるということは、それだけソールなども分厚く作られていて、耐久性もあるということです。

そういったシューズを選んで、あらかじめケガ予防をすることから、ランニングを始めることが大事なんですね。

 

◆【asics】おすすめランニングシューズはKAYANOとNEWYORK!

ランニングシューズ 初心者 おすすめ

asicsのGEL-KAYANO 22は、asicsのGT-2000 NEW YORK よりもクッション性が高くて、故障中のランナーのジョギングにもおすすめしたいシューズです。

値段は10,000円を超えますが、その耐久性と安全性は“初心者向けランニングシューズ”では随一。

少しディスカウントしたシューズ狙いなら、挙げたGT-2000 NEW YORK3もおすすめですよ。

ランニングシューズ 初心者 おすすめ

筆者はasicsはジョグ用として必ず使用しています。

「いつかはGEL KAYANO」と誓って、すでに5年ほどジョグでNEW YORKを履きつぶしていますが、asicsのこの二足は、耐久性があるのもオススメのポイントなんです。

 

◆【ミズノ】ランニング初心者に最適!機能性最高の「ウェーブライダー」

初心者 ランニングシューズ ミズノ

中には、asicsが足に合わないというランナーの方もいますが、そういう方に試してもらいたいのがミズノの「ウェーブライダー19」です。

サブ4ランナーの方にも最適で、耐久性・ほどよい軽量性・ミドルフットで着地しても違和感がない作りなので、エリートランナーのジョグ用にも最適ですよね。

「ミズノ派」であれば、「ウェーブライダー」を試して損はないです。筆者も練習用に購入検討中です。

 

◆【adidas】ランニング初心者へ!adizero Japan boostでマラソンに挑戦

ランニングシューズ 初心者 adudas

筆者の独断ですが、ランニング初心者でもマラソンを見据えるのであれば、「adizero Japan boost 3」はかなりおすすめです。

もともとadidasはフォアフットで着地しやすい作り(筆者が履いてきた、mana7、japan2、takumi ren、takumi sen含む)になっていて、“人間本来の走り方”が身につきやすいんです。

 

もしダイエット目的であったり、ややウエイトオーバーしているという方には、asicsのKAYANOかNEW YORK、asicsが足に合わない方、軽量性とクッション性を重視したい方はミズノの「ウエーブライダー」を試してみてください。

そしてランニング初心者でも“本気でマラソンに向き合いたい”と考え、練習量と質を両立したいのであれば、adidasの「adizero Japan boost」をおすすめしたいです。

 

◆ランニングシューズ初心者は2足買うべし!? コスパ最強のランニングシューズとは

ランニングシューズは、1回履くとクッションが回復するまで中1日開けた方が、耐久性が向上するといいます。

おすすめした2足を両方買うというリッチな方には無縁ですが、筆者は“もったいない病”にかかっているので、本命シューズ1足+クッション性のあるもっと安価なシューズを1足という手段を取りますよ。

たとえば、asicsであればロードジョグ 7は、5,000円以内で購入できて、ジョギング程度の強度であればコスパ最強ですよ。

loadjog_amazon

また、asics以外で“コスパ最強”のランニングシューズであれば、ミズノの MAXIMIZER 18(マキシマイザー)もおすすめです。こちらはクラブチームのYさんもおすすめしてました。

ランニングシューズ 初心者 おすすめ

ただ筆者の場合、ミズノはつま先が少し窮屈に感じるので、足の幅が広い日本人にはasicsが無難ですね。

ランニングシューズを選ぶときは、2点を絶対に気をつけていただきたいです。

 

ランニングシューズは足の幅に合っているか(つま先が窮屈だと感じると、別のものにしたほうが良いです)
ランニングシューズを足にすっぽり入れた時に、踵に指1本程度余裕はあるかどうか

 

購入後、もし足の甲が窮屈だなと感じる方は、靴ひもの巻き方も変えてみてはいかがでしょう。

筆者オススメはアンダーラップですが、こればかりは好みが分かれます。

 


出典:http://www.asics.com

 

アンダーラップシューレーシング

左右交互に穴の下から上に靴紐を通す方法です。履いている内に足に適度になじみ、圧迫感が少ないため、長距離ランナーに適していると言われています。

出典:http://www.asics.com

 

オーバーラップシューレーシング

アンダーラップとは逆に、穴の上から下に靴紐を通す方法です。締りがよく緩みにくいため、短距離ランナーに適していると言われています。

出典:http://www.asics.com

 

ちなみに、ナイキは“自動で靴ひもを結ぶシューズ”を今年末に発売するようです。こちらも気になりますね。


出典:http://amd.c.yimg.jp

 

まとめ

やや熱く語りすぎましたが、いかがでしょうか。

まとめるとランニング初心者のためのランニングシューズ選びのポイントは以下となります。

 

👟クッション性と重量を優先したランニングシューズ選びを
👟asicsは日本人の足に合った設計なのでオススメ
👟ランニングシューズ購入時は、足幅とつま先の余裕に注意
👟靴ひもの結び方でも履き心地は変わる

 

「これからランニングを始めたいけど、どうしたらいいか」だとか、「子どもの部活に何を履かせればいいか分からない」という方のご参考になればと思います。

“脚を守る相棒”と一緒に、楽しいランニングライフを送ってくださいね。

 

【関連記事】

サブ3.5を目指す!ランニングシューズのオススメ

独断!? マラソンにおすすめのランニングシューズ

adizero TAKUMI RENとSENを履き比べたレビュー

 

【TOP画像出典】

http://outdoorextravaganza.com

sponsored link

down

コメントする




CAPTCHA


Profile

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

Wataru Ōno - Runjoy! webmaster

愛媛県松山市で走る市民ランナー。 未だサブ3ができていない、ウンチク野郎。 食べることが好きすぎて一向に痩せないことで有名。 ◆PB フルマラソン: 3°03’16" ハーフマラソン: 1°25'50" 10km: 36'29" 5km: 17'50"

Instagram & JogNote



sponsored link